天兆

始まり

昨年末、民主党の小沢幹事長が、30日ルールを破り、

天皇陛下と中国の習近平国家副主席との会見を実現させました。小沢幹事長だけでなく、民主党ひいては与党の誰もがそれに対して異を唱えることはありませんでした。

 

 日本は、二千年来、天皇を敬い、礼を重んじる国家であったはずですが、それがいまや崩れようとしています。

 

 天皇を敬う心が日常においては、父母を敬い、年長者を敬う気持ちに反映されてきたわけです。そして、目上には、敬語を使うという日本独特ともいうべき習慣がありました。

 

 ただ、自然と頭をたれる。そこには、何の思惑もない。主義主張のない世界です。

 

昨今のいろいろな事象を見ていると、二千年続いてきた日本の美徳は、崩壊を始めているようです。

 

易経に「幾者動之微。吉凶之先見者也。君子見幾而作。不俟終日」とあります。準備をはじめましょう。

30年

 30年前にある兆しを伴って始まった自分の大きな30年運勢というものが、数年前から、ある兆しをもとに、そのサイクルが後少しで終わりをつげ、新たな30年サイクルが始まるということを教えてくれています。

 

 通常、八字や紫微斗数というものは、大きくは10年単位で運勢が切り替わっていくので、それとは違う考え方のものです。

 

 西洋占星術には、30年ごとに人生のテーマが変わっていくというような考え方がある、と聞いた覚えがあります。私は西洋占星術の専門家ではありませんので、勘違いしているかもしれませんが。

 

 その考え方と似たところはあるかもしれません。

 

 新しいサイクルに入るまでには、まだもう少し時間がありそうです。新しいサイクルに入ったその時には、兆しが私にそれを教えてくれることでしょう。

 

 いずれにせよ、大きな運勢の転換期にきていることは確かなようです。

 

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ