手相

術々交換

 大きな流れの運勢を見る時に、八字は大運、紫微斗数は大限、

中国人相では三停、五官、六府等各占術によっていろいろとあります。

 

 具体的な内容は避けますが、大運、大限はそれぞれ10年間の運。三停は初年運、中年運、晩年運。五官は10年運。六府は15年〜20年運。というように大きな運勢を見ていきます。

 

 大きな運勢を掴むということは、非常に重要です。今、何をすべきかがはっきりと見えてきますし、日常の細かい事であたふたしないようになります。その辺りの詳しい話はまた後日。

 

 各占術がそういう形で大きな流れを見ていく方法がある中、手相はそれがありません。少なくとも、表には出ていないと思います。

もし、あったらすみません。

 

 それが、昨年、中国人相の古典を読んでいる中でヒントを見つけたのです。もちろん、やり方等の記載はありません。ヒントを元に考えてついに出来ました。手相の大運。

 

 中々、使えるんです。この手相の大運。大きな流れを見るのに。

ただいま、一人に伝授。毎日鑑定で更に改良を加えて精度の高いものへと変身させてくれると思います。


私は、代わりのものを教えてもらいました。術々交換です。(笑)

 

手相だけでなく、いろいろな分野で術々交換が出来るといいですね。そして、研究していけば、発展していきます。個人の力などたかだかしれていますから。

手相

今日、雑誌で経営の神様・松下幸之助氏の手相の写真を見ました。さすがに、きれいな長い財運線が入っていました。一般の人には中々、あれだけの線は入らないでしょう。

時の人、オバマ大統領は頭脳線と生命線の起点がかなり離れていますね。この金融危機にあっては、とにかく迅速に大胆な政策が必要ですから、いいですね。

 

私が、手相を勉強し始めたのは、今から25年くらい前。ここしばらく、鑑定で手相を使うことはなかったのですが、最近は相術のみの鑑定をする際に、人相の補足で手相をみるようにしています。

 

手相の良さは、なんといっても生命線の流年だと私は思います。特に恋愛・結婚についての流年。よく当たります。

 

生命線の流年法最近は出来る人はたくさんいるでしょう。当時は、少なかったと思いますが。しかし、流派によって、やっぱり違いは出てきます。

 

先般、ある集まりで出会った手相の専門家の先生の流年と私のやり方は、やはり微妙に違っていました。生命線上に何歳、何歳とその先生に印をつけてもらったのですが、「これで本当は何十万なんですよ」と言われました。

「え〜、そんなにするんですか」と思わずびっくり。

 

 地理風水の世界からしたら、全然安いですが、何でも極めることは、大変だなと思います。

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ