人相

人不可貌相

「人不可貌相」

人は見かけによらぬもの。

 

この諺の元になった話が「史記」仲尼弟子列伝にあります。

澹臺滅明。字は子羽という人が孔子様の弟子になりたいとやってきました。顔を見ると愚鈍で身なりもきちんとしていない。孔子様はこいつはだめだと思われたのですが、その後、子羽は予想に反して立派な人物になります。

そこで、孔子様は「私は見た目で人を判断し、子羽を見誤ってしまった」と言われたというような内容の話です。

 

この澹臺滅明という人。「論語」にも登場します。

 

子游が武城の宰となった。先生が「良い部下は得られたのか」と尋ねた。

「澹臺滅明というものがおります。公正な人物で、道を行くにも近道や抜け道をせず、公用でなければ決して私の部屋には来ません」

 

論語から、澹臺滅明は孔子様の弟子ではなく、最初、子游の部下であったことがわかります。そして、とても公正な人物だと子游は語っています。

このことから、推測するに史記の中の孔子様が単なる見た目で子羽を判断し、見誤ったという下りは、司馬遷の作り話ではないかと私は考えています。

 

「史記」仲尼弟子列伝に孔子様と澹臺滅明の年の差は39歳あったと記述されています。

孔子様の弟子になりたいと澹臺滅明が仮に15歳でやってきたとしても孔子様はすでに54歳です。

15歳で弟子というのも考えにくいですね。20歳として孔子様59歳です。

「五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。」

そのような方が何故人を単に外見だけで判断し、見誤ることがありましょうか。

 

人を外見で判断してはいけないということを司馬遷は強調したかった為に孔子様の名を使ったのでしょう。確かに、人を顔の美醜や服装や持ち物等の単なる外見だけで判断しては大きく見誤ることになります。

そうならない為には。


 「子曰く、其の以(な)す所を視、其の由(よ)る所を觀、其の安んずる所を察せば、人焉(いずくん)ぞ廋(かく)さんや、人焉(いずくん)ぞ廋(かく)さんや」

 孔子様のこの言葉につきますね。

 

 この世の吉凶成敗禍福寿夭富貧は簡単にわかるけれど、その人の本質を見抜くのは、おいそれとはいきませんね。

十俗一清

 昨日ちょっと時間があったので中国人相の古書を1冊読むことが出来ました。

 

 その中に「十俗一清」という言葉がありました。

 

 簡単に言うと、あらゆるところが大したことのない相をしていても、たった一つ特筆すべき素晴らしいところがあれば、それ故にその人は成功することが出来るということです。

 

 別の言い方をすれば、あらゆるところが大したことのない相をしていて、一見つまらない人に見えるけれども、実は凡人にない素晴らしい相が一つあり、それ故にその人は本当は素晴らしい人なのですというような解釈も出来ます。

 

 他には、一つ一つの相は大したことはないけれど、全体として見たら素晴らしいとか。いろいろな解釈が成り立ちます。

 

 人を判断する難しさも教えてくれる言葉ですね。

 

斗数と中国人相の本

 斗数と中国人相のほしい本があり、台湾、香港の書店等をのきなみ探しましたが見つからず、1年半が経過しました。

 

 2週間前、台湾にあることがわかったのですが、海外へは送ってくれないということみたいで。一旦挫折。

 

 先日、思い直して、直接メールを書いてみました。すると、PAYPAL送金なら、いいよという返事が昨日深夜に届きました。

 

 うれしいですね。良い本が、1年半、かかってようやく手に入りそうです。


あと1冊。まだ見つかってないものがあります。

本探しはまだ、続きそうです。

歩行相

 18日の日本オープンはとても見ごたえのある面白いものでした。

石川遼、今野康晴、小田龍一の三選手によるプレーオフは特に良かったですね。近年の日本のゴルフの試合では一番面白かった気がします。

 

 テレビで正規ラウンドをずっと見ていたんですが、この三人の優勝争いであることは、誰の目にもはっきりしていて、問題はこの三人のうちの誰が優勝するのかという感じでした。

 

 観気からすれば、まず今日の今野選手の優勝はないだろうと。問題は、遼くんなのか小田選手なのか。

でも、遼くんだろうと知人に話をしていたわけです。

 

ところが、遼くん。残り2ホールの17番ホールでそれまでしていたサングラスをはずしたんです。これで、一気に変わりました。

18番ホールとPOの第2ホール。本来ならば、入っていたはずのパッドがホールにきらわれました。

 

優勝こそ逃した遼くんでしたが、彼の歩き方は素晴らしい。今野、小田両選手だけでなく、片山晋呉選手等、日本オープンに参加してた選手の中で一番でした。あの歩き方をみていると、マスターズで本当に優勝してくれる。そんな気持ちにさせてくれました。

 

そのような話を日曜日にしていたわけです。

で、今朝、ズームインで遼くんのインタビューがたまたま流れました。

 

タイガーウッズと今年一緒にラウンドして、彼の凄さを目の当たりにした。そこで、彼のことを真似しようと思い、彼の歩き方を真似るようになったみたいなことを語っていました。

 

なるほどと。あの歩き方は世界一のタイガーウッズのものであったかと。ものすごく納得です。

遼くんがタイガーウッズを超える日がいつかくることでしょう。

姿相

「光山相法講義」に次のような言葉があります。


「毎日毎朝同じ事を欠かさずに行なう人は誠実で信念が強く一大事業を成す」と。


この言葉にまさにぴったりなのが最近で言えばイチロー選手でしょう。


彼の昼食は毎日、奥さんが作ってくれたカレー。毎日同じ時間に球場に入り、毎日ストレッチなど同じメニューを入念にこなす。それらは全て野球の為。


大魔神・佐々木主浩さんは「イチローのすごさは生活の全てが野球に直結している。食事も車の運転も」みたいなことをテレビで語っていました。


9年連続200安打。紛れもない世界一です。

ぜひ、次はメジャー3000本安打を目指してほしいです。


さて、この「光山相法講義」。いわゆる通常の人相の占術本とは趣をことにしています。光山翁の言葉を借りるならば、修身のための相法といったところでしょうか?


また、光山翁の相法に対する考え方が書かれてあり、それが実にいいです。


「真の相法を研め尽くしたならば、歴史に接することなく有為転変興亡盛衰の跡を知り、地理に弁えずして其処に生ずる離合集散の状を察し、更に一国の港形を見、一国の町を見、一国の家を見、一国の人民を見〜。やがて生ぜんとする気象の変化を知ることが出来る」と。

真の王者

録画しておいた昨日のWBC世界バンタム級王者長谷川穂積対同級4位ネストロール・ロチャを見ました。

わずか、1ラウンド、148秒で長谷川穂積選手のTKO勝ちです。

左ストレートからの右フック。芸術品ですね。

これで4回連続のKO勝ち。これは具志堅用高氏以来30年ぶりのことです。また、2回連続1ラウンドKO勝ちは、日本ボクシング史上初。バンタム級の世界タイトルマッチでは、1892年にアメリカで最初の試合が行われて以来、史上初の快挙。

長谷川選手の王者在位期間は現在4年3カ月。ここ4戦の合計ラウンドはわずか6ラウンドです。

強さの秘訣を聞かれ、山下会長は「我々2人が向上心を持っているから」と。

当初、ミット打ちをする際のコンビネーションパンチは、3種類くらいしかなかったのが、今は50種類くらい。

また、昨日の試合の前、長谷川選手は、3キロのロードワークを行ったと。これは世界戦当日としては異例のこと。前回、前々回の試合で足が動かなかったからと新しい試みを取り入れたようです。

 唯一残念だったのは、録画してあったものを見る前に、長谷川選手の勝利をネットでちらっとみてしまい、人相で当てることが出来なかったことです。(笑)


 しかし、もう一つの世界戦。WBC世界フェザー級王者粟生隆寛対同級1位エリオ・ロハスの試合は試合開始前までの挙動でロハスの勝ちと当てました。


 1試合だけでしたが、人相で判断することが出来たので、まあ良かったとしましょう。

 

為政

孔子様が論語 為政篇で次のように語っておられます。

 

「子曰く、其の以(な)す所を視、其の由(よ)る所を觀、其の安んずる所を察せば、人焉(いずくん)ぞ廋(かく)さんや、人焉(いずくん)ぞ廋(かく)さんや」

 

日本の政治家の何人が、この言葉を知っているのでしょう?

 

総選挙が8月30日にあるようです。

 

混乱した政局の今、何が正しくて何が正しくないのか。

 

しっかり見ないといけませんね。

日本人相

 「貴方は、結婚して間もないですね。奥さんは今おめでた。お腹の中の子は女の子ですよ」


 三代目石竜子先生は、青年を前にしてこのように人相鑑定をしたのが、今から90年前。

 

 その青年は当時、京都帝国大学に在籍していた大変優秀な学生。


 鑑定を受けた青年は、「確かに妻は妊娠しているが、お腹の中の子供が男か女かは?」と当初思っていました。

 

 ところが、数ヶ月後、石竜子先生の言われたように、女の子が生まれたのです。石竜子先生の人相に感銘を受けた青年は石竜子先生に教えをこい、日本人相を習得に邁進したのです。

 

 青年は、その後、香港に帰り、人相の一代宗師として数々の素晴らしい逸話を残しました。日本人相と中国人相の融合が一代宗師を生んだのでしょう。

 

 因みに、林文嶺先生が編み出された日本生まれの画相の技術は、この時に香港に伝わることになります。

 

 私が香港の地理風水の老師から聞いた話です。中国人相、日本人相どちらも素晴らしいですね。


 香港の人相は中国人相と日本人相が融合されて今の姿があるのです。

 

一俵

 先般、山に風水を見に行ってきました。

 

 帰りに麓にある温泉に入って、地元のお爺さんと少し話をしたのですが、農家であるお爺さんは、昔の人は凄かったなと言っていました。

 

お爺さんが言う昔の人ですから、お爺さんの一世代前か二世代前の人のことです。

 「昔の人は、一俵もってさらに、歯で縄を噛んで一俵持ち上げて運んだからな。本当に凄かったな」と。

 

 びっくりです。60キロを歯で噛んで持ち上げていたというのですから、余程の歯の力、骨格、首の太さ等いくつかの要素が組み合わさないと無理な話です。

 

 人相を研究するものとしては、とても興味深い話でした。

 成る程なと。

 

 山に風水を見に言って、人相の勉強もした日でした。

決断

 中国人相の古い書物に次のような言葉があります。

 

「成敗在於決断之中」。

 

人生における大きな決断といえば、就職、結婚、家を買う、子供の教育等がまず頭に浮かぶと思います。これらの大きな決断は、Aを取るのかBを取るのかでその後の人生が大きく違ってきます。

 

ということは、我々の未来を決定づけるものは、自分の決断にあると。そんな事を古書を通して考えていたら、先日あるテレビ番組をみました。

 

脳科学によって独自の育児理論を編み出し、見事息子を東大に入れたというおばあさんが出ていました。

 

おばあさんは、「人生というのは決断の連続にある。だから、正しい決断というものは重要である」みたいなことを言っていました。

 

これはまさに、中国人相の言葉と一緒です。

 

脳というのは一生成長し続けるらしいのですが、3歳までの間が一番急速に成長しその後は緩やかな成長をするのだそうです。

 

で、おばあさんは、3歳までに前頭連合野を鍛えろと。前頭連合野の重要な働きに決断を下すという働きがあるからです。他にも理由はあるようですが。

 

この前頭連合野のある場所は、おでこの裏側になります。

 

中国人相では額一帯を天庭骨といい、この部分が隆起して、平正で広ければ、広大な理想と志があり、聡明で決断力があり、記憶力がよく、温和で慈愛の心があり、体も健康で、一生事業も成功し、寿命も長いとされます。


つまり、前頭連合野が発達しているということですね。

 

面白いですね。脳科学と人相の一致。

 

これから、お子さんが生まれる方はぜひやるべきですね。運命転換がされるわけですから。


最後にもう一つ。我々の未来を決定づけるものを中国人相の古書から。

「悔吝生於動作之始」

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ