飲み会で友人の知人の人相を簡単に見てあげました。

 

ある感じる「気」があったのですが、それが何なのかは、その時はわかりませんでした。

 

  翌日の夕方に散歩の時に、あの「気」はなんだったのだろうかと同じ「気」を発する所がないか一つ一つ心の中で感じていきました。

 

  すると、ある所の「気」を感じた時に昨日感じた「気」とピタッと一致したのです。

 

 それは稲荷神社です。

 

  すぐに友人に昨日の知人に稲荷神社を信仰しているのかどうかを聞いてほしいとメールしました。

 

  返信されてきたメールには、そういうことはないですということでした。おかしいなと。本当にそうなのだろうかと合点がいきません。

 

  夜になって友人からメールがあって、知人が実家のほうにも確認してけれどやはりそういうことはないということでした。

 

  そうか。違っていたのかと思ってその日は寝ました。

 

  次の日の昼過ぎになってもう一度友人からメールがきました。

 

  知人の実家の方がそういうことはないと言ったけれど、気になって家中をもう一度確認したということでした。

 

  すると、なんと、神棚の奥にお稲荷さんの像が祀ってあったということでした。

 

  40年以上前におばあちゃんが稲荷神社から頂いて祀っておいたと。他の家族の人はそれを知らなかったようです。

 

おばあちゃんがお祈りしていたんですね。

 

感じた「気」は正しかったようです。

 

地理風水において、とても重要な「気」。面白いですね。