April 2010

停電

 日が暮れてきたので、部屋のカーテンを閉め、電気をつけてパソコンに向かっていると突然、目の前が真っ暗になりました。

 

 最初は、ブレーカーが落ちたのかと思ったのですが、珍しいことに停電でした。閉めたカーテンを開け、停電が終わるのを待ちましたが、この時間は妙に長く感じます。

 

 ちょうど、1年前に地方へ出張に出かけた時に、30年ぶりくらいに停電にあいました。この時は30分続いたのですが、長かったですね。いつ停電が終わるというのが、わかっていればいいのですが、いつ終わるかわからないのでとても長く感じます。

 

 不運もそうですね。いつそれが終わるか分かれば、いつまで我慢すればいいのだからと頑張れますが、いつ終わるかわからないと不安が大きくなっていきます。そういった意味でも、占術によって自分の運勢を知ることは大事な事ですね。

 

 先日の停電は、わずか2分で終わったのですが、やはり長く感じました。

 

五年前に開始したことが、ようやく成果をみることが出来るようです。

五行易

 知人から、台湾で「京房易卦」を毎日6時間習っていますというメールがありました。

 

 「京房易卦」とは「五行易」のことですね。断易という人の方が多いですが。私は五行易という名前が気に入って使っています。

五行易の難しいのが断易という人がいますが、一緒ですので。(笑)

 

 1日6時間は、教えるほうも教わるほうも大変しんどいですね。ただ、語学の特訓も兼ねているようですので、それならば、1日6時間くらいやったほうが上達は早いですよね。

 

 さて、五行易の最も重要な創始者は誰か?それは、京房祖師に他なりません。中国・漢代に活躍された大易学家です。

京房祖師は、あまり日本では語られませんが、孔子様の正統な「易学」を受け継いでいる人です。一つの流れは楊何老師から、もう一つの流れは、孟喜老師→焦延寿老師からですね。

 

 孔子様が活躍された春秋戦国時代から、そう遠くない漢代においては、孔子様の易学の真髄が未だ残されていたであろうと思います。

 それを京房祖師は、二つの支脈から受け継いでいたのです。


 周易と五行易はやり方が違います。しかし、大本は一緒なのです。

 

 京房祖師は「周易章句」「易抄」「周易錯」「周易四時占候」「災異孟氏京房」等の著書を残されたのですが、散逸して残っていません。とても残念です。


香港台湾大陸になくても、日本に残っている場合があるのですが果たして、漢代のものが、日本のどこかに眠っているなんてことは

…。

 

 京房祖師が行なったものは、今の五行易とは大きく隔たりがあることでしょう。数多くの逸話を残した京房祖師。これからも追いかけるしかないですね。

 

 

桜が満開

 桜が満開でとてもきれいですね。今日は、桜を見ながら四時間ゆっくり散歩をしてきました。とても楽しい時間でした。

 

 多くの人がお花見をしていました。お酒を飲む人、家族と食事を楽しむ人、はしゃぎまわる子供たち。実に多くの人がお花見を楽しんでいました。

 

 お花見の場所取りも大変です。ど真ん中なのか、端なのか。桜がよく見えるところなのか、見えにくいところなのか。周りの人との距離はどうか。トイレの場所は等。

 

それらを綿密に考え行なう人。感覚的に決める人。自ら進んで場所取りを行なう人、料理を作ってくる人、その場を楽しませる人、飲むだけの人等様々です。

 

中国人相の古書に「悔吝生於動作之始」とあります。ここには、悔吝とだけありますが、吉凶成敗を加えて考えればいいと思います。

 

 その人の行為が、運命を決めると言っているわけです。

 

 ですから、今日、私が見たお花見をしている人は皆、楽しそうにしていましたが、今日の行為によって未来は違ってくると。おおげさに言えば、そういうことになります。

 

それが、今日たまたまならば、それは運命に大きく影響することはないですが、いつもそうであるならば、運命はその方向へ大きく流れていきます。

 

 更に言えば、その人が織り成す、思考、行動、感情等、その人が発する全てが運命を作りあげているということをこの言葉は教えてくれます。

 

 曾子様が「戦戦兢兢として、深淵に臨むが如く、薄氷を踏むが如し」と言われていましたね。

山風蠱

 ある事を行なって良いかどうかを周易で占って、山風蠱の五爻変を得ました。

 

易経に「蠱は元いに亨る。大川を渉るに利あり」とあります。

蠱というのは皿の上に虫がのっている形で、食物が腐って虫がわいている形とも言われます。

 

ですから、蠱の時は、天下は腐敗し壊乱の時であると言われます。しかし、大崩壊が続けば、それを正そうと新しい動きが必ず出てきていずれ国は治まります。

 

大混乱が、日本の再生の為に必要なものであるならば、民主党のめちゃくちゃな政策も大きな目でみれば、やむを得ないということになりますね。

 

五爻変は「父の蠱に幹たり、持って誉れあり」とあります。

さあ、やる事にしますか。

出張

 先週末から、今週の火曜日まで出張に行ってきました。

 

 今回、仕事の合間に、ある人から数学を教えてもらったのが、一番の収穫。どうしてもわからなかった。文系の頭に数学は、きついものがあります。

 

そう言えば、昔、先達が言われていました。占術をやるなら、数学が出来ないとダメだと。

 

ただ、一旦答えが出た後は、哲学です。

 

 これから、じっくり、答えを考えます。

 

 しかし、いろいろなものが繋がっていますね。

 

 仕事の合間に山を見てきたのですが、日本の山はいいですね。

四季折々いろいろな姿を見せてくれます。そんな山を見ることによって、私たちの心は豊かになり、また心が洗われます。

 

 それだけではありません。水を育み私たちの生命そのものを養ってくれています。今、その大切な山を外国資本が買おうとしています。


 国家百年の計を考えるならば、政府は早く法を整備してほしい。


 地理風水師として、そして個人の立場からも早急にお願いしたいものです。

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ