August 2009

総選挙

 徳川幕府の初期。家康から三代家光までの時代は、武断政治により、改易(領地没収)や減封が多く行なわれ、数多くの浪人が町中にあふれ出ていたと言われています。


 特に家光が行なった改易は多く、外様29家、譜代・親藩20家の合計400万石にも及んだと言います。

 

 禄を失い、再仕官も叶わず、あちこちを彷徨う浪人。大きな社会不安を抱えていた時代。

 

 軍学者であった由井正雪はそんな状況を作り出した幕府を転覆させようと計画をたてます。由井正雪の乱です。慶安の変とも言います。結局、計画は露見し、自決するわけですが、文治政治のきっかけとなりました。


 慶安と言えば、家光晩年の統治四年間を指します。

 慶  慶  慶  慶

 安  安  安  安

 四  三  二  一

 年  年  年  年

 辛  庚  己  戊

 卯  寅  丑  子

 七  八  九  一

 赤  白  紫  白


現代の世情は、慶安に似ています。差し詰め、徳川家光は小泉元首相でしょうか?家康から家光時代が50年。自民党が結党して今年で54年。似ていますね。

30日の総選挙はどうなるでしょう?

新井白石のような外交手腕高き人物が登場するまでには、まだ時間がかかるでしょうが。

易経に「湯武、命を革めて、天に順って人に応ず。革の時大いなるかな」とあります。夏の桀王を打った殷の湯王。殷の紂王を打った武王は新しい時代を徳をもってつくった。

そんな時代が今、民主党によってもたらされるとは到底思えません。内部に日本を危うい方向へと転換させるものを多く抱えている民主党。

ただ、湯王や武王に到る第一歩として、由井正雪の乱のような一波を自民党と官僚に投げかける。それを契機に大きなうねりが起きる事を期待して、今回は民主党に一票を入れないといけないな。

そんなことを、通書を見ていて、ふと感じました。

お墓事情

 最近のお墓事情をテレビで特集していました。

 人気の青山霊園辺りになると1区画五百万もするようです。

 そういうこともあり、最近のお墓は多種多様になってきているようです。

 

 まず、納骨堂。これは、普通のお墓をつくることを考えれば、かなり安いですね。テレビでは70万円だったと思います。

都内には8階だったか9階建てだったかの納骨堂があるそうです。こうなると、ビルそのものですから。凄いですね。一度、その周辺を見に行こうと思っています。

 

 次に散骨。海や野山に撒くやつですね。

 

 手元葬。これは知らなかったのですが、遺骨を粉々にして、高温

(確か1600度)で焼いて石を作る。その石に戒名であったりを刻んで家で供養をするもの。料金は20万円くらい。

出来上がる石の色は、個人の生活習慣によって様々で一つとして同じ色がないそうです。

他にも遺骨をペンダントにするものもあるようです。

 

 樹木葬。お寺の里山に墓石などをおかずに、直接土の中に遺骨を埋葬し、そこに植林するというものです。何十万だったと思います。

 

いくつか紹介しましたが、皆さんなら、どれを選びますか?

 

台湾や香港に比べれば、日本はお墓の面積も小さいし、国土も広いのでまだいいですが、お墓の新しい形というものを今から考えて行かなければいけませんね。

 

平安京

 土曜日に「京都もうひとつの歴史 〜光と影に秘められた王都・平安京の謎〜 」という番組を見ました。実は、年末に放送されたものの再放送だったようです。見逃していたんですね。知りませんでした。

 風水、陰陽道、密教等の観点から、平安京を読み説いていくのですが、面白かったです。

 いくつか興味深かった点を上げますと、まず、安倍晴明について。60歳過ぎてから、陰陽師として活躍して、85歳まで務めたと。この60歳からというのが、本物を感じさせます。安倍晴明の人物画が映しだされましたがこれも人相を研究するものとしては、良かったです。

 次に、中国にある諸葛八卦村。この村に住む人の80%は、諸葛姓を名乗り、あの諸葛孔明の子孫とされているのだそうです。現在は孔明から数えて48代目。実際、彼らが本当に孔明の子孫なのかどうかは、確かめようがありませんが、面白いことに、彼らは知的な品のいい顔をしていました。

 最後に、最も興味深かったこと。京都という場所は、過去500万年の間、5回も海面下に沈んだということです。その為、地下水が豊富にある。その量は211億トン。これは、琵琶湖の量とほぼ同じ量ということです。さらに、驚くべきは、水の出口はたった1ヶ所しかないということです。

 千年という世界史上類を見ない繁栄を築いた平安京の謎を解明する為に、今までにないアプローチの仕方をしていて、いい番組でした。


お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ