April 2009

昨日は

 昨日は友人のプレオープンの日でした。午後7時を過ぎたあたりに友人にプレオープンがうまくいったお祝いのメールをしました。

 

何か易をたてたり、物件をみたり、択日がどうのということは一切やっていませんが、プレオープンがうまくいったことが感じられたのです。

 

 あくまでもプレオープンですから、完璧じゃなくていいんです。今日が勝負ですね。

 昨日の状況を感じていると今日はもっと良くなるでしょう。

 

 友人の新たな出発は祝福されているようです。

 

決断

 中国人相の古い書物に次のような言葉があります。

 

「成敗在於決断之中」。

 

人生における大きな決断といえば、就職、結婚、家を買う、子供の教育等がまず頭に浮かぶと思います。これらの大きな決断は、Aを取るのかBを取るのかでその後の人生が大きく違ってきます。

 

ということは、我々の未来を決定づけるものは、自分の決断にあると。そんな事を古書を通して考えていたら、先日あるテレビ番組をみました。

 

脳科学によって独自の育児理論を編み出し、見事息子を東大に入れたというおばあさんが出ていました。

 

おばあさんは、「人生というのは決断の連続にある。だから、正しい決断というものは重要である」みたいなことを言っていました。

 

これはまさに、中国人相の言葉と一緒です。

 

脳というのは一生成長し続けるらしいのですが、3歳までの間が一番急速に成長しその後は緩やかな成長をするのだそうです。

 

で、おばあさんは、3歳までに前頭連合野を鍛えろと。前頭連合野の重要な働きに決断を下すという働きがあるからです。他にも理由はあるようですが。

 

この前頭連合野のある場所は、おでこの裏側になります。

 

中国人相では額一帯を天庭骨といい、この部分が隆起して、平正で広ければ、広大な理想と志があり、聡明で決断力があり、記憶力がよく、温和で慈愛の心があり、体も健康で、一生事業も成功し、寿命も長いとされます。


つまり、前頭連合野が発達しているということですね。

 

面白いですね。脳科学と人相の一致。

 

これから、お子さんが生まれる方はぜひやるべきですね。運命転換がされるわけですから。


最後にもう一つ。我々の未来を決定づけるものを中国人相の古書から。

「悔吝生於動作之始」

同一八字

知人から前に何かの本で、次のような例を見た覚えがあるんですが…と質問をうけました。

 

AさんとBさんがいて、二人は下のような同一の八字をしています。

 

 辛  辛  辛  辛

 卯  卯  卯  卯

 

  癸甲乙丙丁戊己庚  大

  未申酉戌亥子丑寅  運

 

丁亥の大運の時に、Aさんは大金持ちになって、Bさんは亡くなってしまったということでした。

 

もし、それが本当なら、Aさんは従財格であり、Bさんは身弱となります。

 

同じ八字でもあっても、喜忌が違うということになります。

 

まあ、これにはいろいろな原因が考えられますが、それはおいておいて、八字でのみ判断していくなら、生まれた環境、親兄弟との関係、過去の事象ときちんと照らしあわせてから、喜忌を判断しないといけないということをこの例は、教えてくれます。

 

紫微斗数においても、共盤が必ず存在します。八字とは考え方を変えないといけませんが、基本は変わりません。共盤から、違う答えを導き出すのは面白いです。

 

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ