January 2009

うまくいかない

うまくいかない。

何がうまくいかないかと言うと、紫微のソフトがうまく作動しないんです。

 

ソフトは香港製と台湾製どちらもうまくいきません。パソコンに弱い私でもいろいろと試してみたのですが、うまくいきません。あーあという感じです。万策つきた感じです。

 

香港の老師は110ある星を安星法に基づき手書きですばやく書き込んでいきます。もちろん、私も基本的にそうしますが、時間のないときは面倒くさいというのも事実です。

なので、ソフトがあると便利なのです。まして、地盤、人盤となってくると…。

それに酒の席はアウトですね。頭がまわらない。(笑い)

 

台湾の老師のものは星は極端に少ないので、あまり問題はないのですが、それでもいろいろと書き込む必要があります。

 

しばらくは、手書きでいくしかないですね。前に、私の香港の流派をサポートしているという台湾のソフトを台湾人の友人から見せてもらいましたが、完全に間違っていましたね。(笑い)


関係ないですが、粗悪な羅盤だっていくらでもありますからね。香港・台湾製だからといって、安心しないで下さい。指南針じゃないものもありますからね。

 

いずれ、羅盤はきちんとしたものを設計したいですね。

 

ガッツポーズ

初場所の優勝決定戦後の朝青龍の土俵上でのガッツポーズが品格にかけるということで問題になっているらしいです。


確かに、礼に始まり礼に終わる相撲において、土俵上でのガッツポーズは見苦しいですね。せめて、土俵を下りてからですね。

 

しかし、日曜日の夜のNHKのサンデースポーツに出演した際に、アナウンサーの「優勝おめでとうございます。笑顔が素晴らしかったですね」。みたいな言葉に開口一番「土俵上でガッツポーズをしてしまいすみませんでした」と朝青龍は謝っていました。本人は自覚していました。ですから、今回はいいんじゃないでしょうか。

 

横綱審議委員は「サンデースポーツ」のインタビューを見たのでしょうか?多分見ていないでしょうね。せめて、千秋楽後の「サンデースポーツ」は見るべきですね。武蔵川理事長も。

 

国技という面からすると柔道も礼に始まり礼に終わるスポーツです。でも、今の柔道選手で試合で優勝してガッツポーズをせずに畳を下りる選手がどれだけいるのでしょうか?

オリンピックの金メダリストでさえ、1本を取った瞬間にガッツポーズをしています。

 

私の頭にぱっと浮かぶのは、女子の中村美里選手と男子の棟田康幸選手は違うという印象があります。彼らは礼に始まり礼に終わっています。

他にもそういう選手はいるのでしょうが、あまりにもガッツポーズなりする選手が多いです。

 

同じ国技。二つとも礼を尊重するするスポーツ。柔道にも横綱審議委員のようなものがあればいいんでしょうか?

 

いずれにせよ、相撲や柔道は礼に始まり礼に終わる。土俵上や畳の上ではガッツポーズをしないというのがとても美しいですね。

第2次補正予算

2次補正予算が今日成立しました。

 

麻生首相誕生の折りに、書きましたようにあの時に解散総選挙にうって出れば、民主党の小沢代表に勝てたのに。失敗してますね。

機に敏感であるということがいかに重要であるか。それを物語っています。

 

さて、問題の定額給付金。やるにしても遅すぎる感があります。

 

お隣の台湾。11月すぎに給付金の話が出て、旧正月前には給付金1人約1万円がくばり終えるというはやわざ。台湾にとっては、旧正月が本当の正月。正月を前にしての一人1万円は国民にとっては有難いだろうし、消費拡大につながったと感じます。

 

かたや、日本はどうでしょう。正月前ならいざ知らず、これからいったいいつ給付金はくばられるのか。給付金を支給するのに、身分証明書のコピーを送って、それから銀行振り込みといった手続きをふむので時間がかかります。また、それらの事務手続きにかかるお金がいったいどれだけかかるのか、まだ試算が出ていない状況です。

 

定額給付金に2兆円使うなら、もっと有意義な大胆なことが出来なかったのかと思います。例えば、医療制度の抜本的改革。社会の人の為に本当に医者になりたいという人を育てるために、医学部の学費は全て無料にする。お金持ちであろうとなかろうと関係ない。本当に気持ちがあり、優秀な人だけを入学させる。

そのために、2兆円を使う。それだけでも、社会は十分に変わる気がします。

他にもいろいろとあるでしょう。

 

風水師の立場からいえば、なんといっても首相官邸を建て替えです。2兆円あれば、余裕で出来るでしょう。そのほうが今後の日本のためになると思います。

一見、無駄のように感じますが。

こんな提案をある大臣にしてほしいと大臣と知り合いの知人にお願いしましたが…。

 

 

 

 

復活

昨日は、いい復活劇を二つ見ることが出来ました。

 

一つは大阪国際女子マラソンで優勝した渋井陽子選手。彼女は01年に同じく大阪で初マラソン世界記録を更新して、華々しいデビューを飾りました。


しかし、04年9月ベルリンで国内最高記録を作って以来、マラソンで優勝することなく、ここ数回は、スタートから飛び出して30キロ過ぎには減速して追い抜かれるというレースが続いていました。


その彼女が昨日は、30キロ付近まで飛び出すことなく我慢のレースです。その直後に飛び出して、ぶっちぎりの優勝です。

実に4年ぶりの優勝です。本当に心から喜んでいる姿がテレビに映し出されていました。


いつも彼女を応援しながら、期待を裏切られていた私としてはとてもうれしい瞬間でした。

 

もう一つは、横綱・朝青龍。やってくれました。引退、引退と皆が騒ぐ中での優勝です。元力士や相撲解説者の誰もが駄目だといっている中での優勝です。大したものです。


彼がいない大相撲はおもしろくありません。視聴率も昨年の九州場所に比べると俄然いいですし、スポーツ紙の一面には初場所だけで36回載ったそうです。朝青龍が休場した九州場所は、相撲が一面を飾ることは一回もなかったのに。


本割で気力が充実していた白鵬。一方の朝青龍は本割で負け、支度部屋に戻って、付き人を捕まえて、立ち合いの確認。てっぽうをやったり気合を入れていきます。すると、どうでしょう。朝青龍の顔の気色が変わっていったのです。不思議ですね。

優勝決定戦で白鵬をつり出しで破った直後の朝青龍の笑顔良かったです。

 

「復活」いいですね。誰もが同じように「復活」出来る。それを教えてくれたような1日でした。

 

旧暦の1月1日を前に

「ピンポーン」朝8時にチャイムの音。朝早くに誰だろうとモニターをのぞくと、荷物をもった人が。「海外からお荷物が届いています」

はて?と思いながら、荷物を受け取ると、台湾の地理風水の理気の老師からでした。

 

中身を開けると今年用の通書と阿里山茶が入っていました。

 

明日は旧暦の1月1日。台湾や香港はここが本当の正月です。

 

正月を迎えるに際して、弟子の私への心遣いだと思います。有難いです。

 

台湾の烏龍茶は本当においしいです。楽しみです。

090124_0929~01

今日の東証は306円安

今日の東証は306円安の7745円で終わりました。毎日、株価が低水準で乱高下を繰り返していますね。これからどうなるんでしょうか?

 

数年前にジェイコム株で20億円稼いだ人がいましたが、彼は今でも勝ち続けているのでしょうか?この不況の中、勝ち続けているとしたら、すごいですね。

 

台湾にいる五行易の兄弟弟子で株占オンリーの人がいます。クライアントも多くつき、かなりの利益を上げているようです。株はもっても10日間。ですから、デイトレーダーまではいきませんが、短期勝負ですね。

これで、利益をかなり上げているというのですから、大したものです。

 

彼の話では、大化けするような株を狙うのではなく、優良企業を狙うのだそうです。

そんな彼に五行易でどうやって見ているの?と聞いたことがあります。何故なら、株占は特殊だからです。

 

すると彼は私の耳元で「○○○○。が重要だよ」と中国語で言いました。しかし、その○が何を言っているのか聞き取れなかったのです。もう一度と聞き返す時には、もう別な人がやってきて、彼は口を閉ざしてしまいました。

 

株をやらない私にとっては、わからなくても良かったことなので、その後、彼になんだったのか聞いていませんが、今も儲かっているのだろうかと今日ふと彼のことを思いだしました。

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ