October 2008

挙動

挙動というと、普通は振る舞いや動作を表しますが、中国人相でいうところの挙動は、これに言語、服装、嗜好、食べ物、乗っている車、家などいろいろな要素が含まれます。これらのことから、その人の運命を判断していくわけです。

中国人相の究極はここにくると言ってもいいかもしれません。

 

ちょっと前になりますが、こんなことがありました。

ある駅で待ち合わせをしている電車に乗りました。すると、電車の中がざわめいています。なんだろうと、思って見てみると、座席の下から、太ももから下の足二本が見えます。

つまり、人が倒れたか何かして、上半身が座席の下にもぐり、足だけ外に出ている状態です。

 

駅員さんが2〜3人駆け寄ってきて、「大丈夫ですか」と大きな声で呼びかけますが、反応がありません。すぐに応援を要請します。担架をもって、更に多くの駅員さんが現れました。総勢10人くらいでしょうか。この駅にそんなに人がいたのかとびっくりです。車内は異様な緊張感です。皆固唾を呑んで、注目しています。

 

この一連の光景を私はじっとみていたのですが、隣にいた家族のものに一言。

「あの人は病気じゃなくて、お酒のみ過ぎて酔っ払っただけだよ」

「え、どうして?違うでしょう」と心配そうにみています。

 

担架が整い、駅員さん数人で、静かに人を座席の下から出しました。

その瞬間、男の人がむくっと、起き上がったのです。10人の駅員さんはもちろん、電車に乗っていた人たちもびっくりした顔をしています。

男の人はやっぱり、酔っ払っているようです。男の人は電車を降り、何事もなかったように消えていってしまいました。

残された駅員さんたちは、唖然としながら、担架を片付けていたのでした。

 

それ以上に驚いた顔で、家族のものが

「何で?何で?」

「・・・・・」。

最近、街を歩いていると、窓が小さいもしくは幅が狭いつくりの家が多くなってきたなとつくづく感じます。採光は大丈夫なのだろうかと。どこから採っているのだろうと不思議になるくらいです。

 

恐らく、こういう世の中ですから、盗難対策として、人が入ってこれないような窓にしているのでしょう。

 

しかし、地理風水の観点から、言えば、盗難に遭うのは、何も窓の問題だけではありません。他の多くの要素もからんできます。ですから、窓をいくら小さくもしくは狭くしても、他の要素が悪ければ、盗難に遭う家となってしまいます。

逆に言えば、窓が大きくとも、盗難に遭わない家はいくらでもあるのです。

 

それより、寧ろ、採光がきちんとされていない家の方が問題は大きいでしょう。

まあ、その辺はいろいろと計算されているのでしょうが、光と風これは重要です。

 

日本人の家に対する考え方は保守的であり、一度、建てたらそこに何十年と住むわけですから、いろいろと熟慮を重ねた上に、家を建てなければいけませんね。早急に土地や建物を決められる方がいますが、家は石橋を叩いて渡るほど、慎重にしたほうがいいでしょう。

 

「人生最重是陽基〜」

 

 

久々の勝利

「K−1 WORLD MAX 2008 FINAL」が、今日行われ、魔裟斗が03年以来、5年ぶりに、世界チャンピオンに返り咲きました。

 

 いやー、本当に今日の試合は、凄い試合の連続でした。よく、勝てたなというのが正直な感想です。

 

 特に準決勝の佐藤嘉洋戦。壮絶な戦いでした。今日の佐藤の顔はいい気色してました。試合開始後はどちらが勝つか、判断つかない状態です。若干、佐藤のほうがいいように見えます。3ラウンドに入って、佐藤が魔裟斗からダウンを奪います。これで決まりかと、思いましたが、この後、魔裟斗が猛反撃でなんとか延長戦に入ります。

 

 ところが、延長戦始まる前、佐藤の顔に突然、蒙色がかかったのです。これで、魔裟斗が勝ったなと確信しました。

 案の定、延長ラウンドを魔裟斗が取り、勝利を収めました。

 

 今日は中国人相の研究からみても、とても興味深かったです。特に佐藤の顔に突然、蒙色がかかるような、ああいう経験は初めてでした。勝負の世界においてはそういうことがあるんですね。

 

 魔裟斗の顔をみていると今日は決して、本調子ではなかったと思いますが、頑張って王者になりました。

勝利後の挨拶で継続は力なりと話していましたが、勝因はそこにあるのでしょう。執念の差が、勝利の差となった気がします。

久々に格闘技で日本人の強さを見ることができ、今日はぐっすり眠れそうです。

いやー、本当に良かった。

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ