July 2007

自民党大敗

 自民党が昨日の参議院選挙で歴史的大敗を喫した。

 安倍首相になり、教育基本法の改正、防衛省発足、憲法改正のための国民投票法成立などを果たした。しかし、その実績が吹き飛ぶがごとき、年金の問題や閣僚の失態などの問題が起き、今回のような結果になった。

 約1年前、安倍晋三首相が誕生した際、喜ばしいことと同時に安倍首相には難題がつきまとい、いろいろな問題が起きるだろうと風水的観点から述べた。奇しくも、状況はそのような状態になってしまった。

 この回の結果をうけ、安倍首相は続投を表明した。続投を表明したからには、直ちに人事を一新した、新しい内閣の組閣に入らなければならない。少なくとも、8月中旬には終わらせたい。もし、それ以降にずれこむようなら、また、いろいろな問題が起きることになるだろう。そして、出来る事なら今の首相官邸はぶち壊したい。しかし、それはかなわないことだろうから、できる限り重要なことは、ここでは決めないことが肝要であろう。

 それにしても、民主党の躍進はすさまじかった。しかし、いずれそれは間違いであったと我々は思うことにきっとなるだろう。

 そんな中、昨日の夜、テレビで「カミソリ後藤田」と呼ばれた後藤田正晴の甥の次男が、今回の自民党の大敗は「戦後レジームからの脱却」が原因みたいなことを言っていた。彼のような政治家が自民党にいて、テレビで堂々と発言しているところをみると、何を考えているのかと暗くなる。田中角栄が信用した後藤田正晴とはそんな人物ではなかったはずであるが?

 日本は今混迷の中に入ったといっていいのではないだろうか。果たして、このまま、風水が示すが如く、混迷の中を彷徨っていくのだろうか?

 約2週間前、またしても新潟の中越で大きな地震があった。これは、3年前の中越地震が引き金になっていると風水的には読み取れる。そして、今回の地震は風水の浮気という観点から、今後の日本にある兆しを与えたことになる…

 

ある外科医とある歯科医

 ある外科医の特集をテレビでやっていた。流しながら見ていたので、細かい情報は間違っているかもしれない。その外科医は世界中の医師から認められるほどの技術をもっている人であるらしい。専門は肝臓の手術のようであった。大学病院等の病院で手術を出来ないといわれた人を手術してなおしていく。いわゆる神の手の持ち主だ。

 番組でももう他の病院では手の施しようのないという人が取り上げられていた。手術が出来ないと大学病院で言われたということ。しかし、その医師は手術に踏み切り、92個?だったかの腫瘍をすべて取り除いた。手術前、患者はその医師に向かって「もう、頼るところはないんです」と涙ながらに訴えていた。

 その医師のモットーは「自分が最後の砦」ということであった。だから、24時間、正月もなく患者の為に彼は働いている。実際24時間というのは無理なことだから、いつなんどきでも患者の為に働くということだろう。(余談だが、いつなんどきでも誰とでも戦うと言ったのはアントニオ猪木。彼もすごかった)

 すごい話である。そして、新しい情報、論文等はたえず吸収し、努力を続けている。実際、その医師によって命を救われた人は数多くいるだろう。とても徳を積んでいると思われる。

 かたや、もう一人、医師は医師でも歯科医師がいる。この人もテレビで知ったのだが、薬によって虫歯を根治させるという方法を考え出したらしい。従来の虫歯治療のように痛くもなく、治療は基本的に1回で完了するらしい。

 これを初めてテレビで知った時、「これが本当ならすごいな」と思ったのだが、次の瞬間本当だろうか、本当だとしても問題があるなと思ってしまった。何故ならこの情報を知った時間が風水択日的に良い時ではなかったのである。

 その後、ホームページを検索してみると、「プライベートタイムでの電話は勘弁してください。あなたも休日に電話されたら嫌でしょう」みたいな感じで書いてあった(正確ではないかもしれない)。これを見た時に気持ちは確かによくわかるのだが、この人は本当に医師なのだろうかと思ってしまった。たかが、虫歯されど虫歯。虫歯が本当に進んだ痛みは想像をはるかに超える。脳まで痛み出し、気が狂いそうになる。だから、助けを求めるのである。

 念の為、この病院に電話を入れてみた。すると、受付の応対が悪い。無愛想で横柄。多分、テレビの影響で全国から電話がかかってきて嫌気がさしているのだと思うが、でもやはり、それではいけないと思う。その歯科医師だからこそ、その受付という気がしてならなかった。

 その外科医とその歯科医単純にどちらが大変か決めることは出来ない。しかし、命を左右する治療にいつもあたっているのは、あきらかにその外科医のほうである。にも、関わらず、24時間体制で臨んでいると言っている。この違いはなんであろうか?その外科医のような気持ちがある医師が多く出ることを望みたい。その為には、テレビ等でこういう人を取り上げるのは有効なことだろう。

 因みに私が過去にいろいろな事例で、この病院は良い病院かどうかと占って、良い病院と出たことはほとんどない。良い病院と巡りあうのもその人の運ということだろう…。

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ