May 2007

台湾風

台湾風
最近1冊の本を読んだ。

「台湾風」高田亜季著 アルファポリス文庫である。

この本は台湾男性と結婚し、台湾企業に勤める台湾在住の高田さんが、自ら体験し、見聞きした台湾を紹介しているものだ。

日本と文化や生活習慣の違う台湾がよく書かれていて、読んでいてとてもおもしろい。中でも占術者の私としてとても興味深かったのは「把脈法」についての体験談だ。

「把脈法」とは人の脈をみることによって病気の診断をしていくことだ。中医でいう脈診である。日本でも当然、漢方をやる人たちはこの脈診は行なう。でも、この本で書かれてあるようなこまかいところまで見れる人は多分いないのではないだろうか?それは大陸出身の人も含めて。ただ、私はこの分野の専門家でも何でもないので単なる個人的感想にすぎない。実はすごい人がいるかもしれない。

以前人から聞いた話だが、この「把脈法」によっていろいろなことがわかるらしい。例えば生家は川の近くにあったとか。3日まえに、食器棚の上においてた西瓜が落ちてきて頭を打ったとか。うそのような本当の話である。実に興味深い。

今度、台湾に行ったときには、この本に紹介されている中医にみてもらいたい。

台湾は私にとってなくてはならない国であり、とても好きな国である。日本にとっても近隣で唯一の親日国である。

ぜひ、みなさんも読んでみてください。

 

水道工事

 ポストを開けると1枚の紙切れが入っていた。

 なんだろうと、見てみると「水道工事のお知らせ」というタイトルが目に入ってきた。「えー。水道工事やるの?」と思いつつ文章を読んでいくと工事内容について次のように書かれてあった。

 「老朽化した水道菅を耐震管へ取り替える工事を開削工法により行ないます」と。要は毎日道路に穴を掘り続けますということだ。

 「なにを勝手なことをやってくれるんだ」と思いながら、すぐさま施工業者に電話。具体的にどれくらいの期間、どれくらいの深さの穴を掘るのか聞いてみた。

 すると「約3ヶ月で、穴の深さは90cm〜2mです」ということだった。

 それを聞いた瞬間、「これは、まずい」と思って、左手に宅盤をイメージしながら、星を飛ばしていった。

 その結果、自宅には影響が出ないとわかって一安心。しかし、この工事により、近隣の家では被害を被る家も出てくるようだ。

 こういった水道工事や道路工事が宅盤と時期が悪い時に重なると思いがけない不幸を呼ぶ。過去にこういった事例はいくつも確認している。

 本来は行政というところは、占術に関わらず、中国玄学というものを踏まえて事に臨んでいくのがベストだと思う。しかし、それは今の行政には無理な事。我々のほうで気をつけるしかない。

 皆さんも、家の近くで水道工事や道路工事等がある時は気をつけてください。

 

 

山菜取り

 久々に山に行ってゆっくりとしてきました。今回山にいった目的は山菜取りです。山菜取りなんて三十年ぶりくらいでしょうか。すっかり、山菜の見分け方や取り方を忘れてしまっていました。

 この時期の山は本当にいろいろな山菜が取れます。わらび、姫竹、木の芽(あけびのつる)、山うど等いろいろあります。

 残念ながら、私は木の芽しかとることが出来ませんでしたが、人から頂いた姫竹と山うども食べることが出来ました。

 野生の山菜というのは本当に力があり、それを食べるだけでみるみる生気が漲ってくることを実感し、とても驚きました。私が気に敏感ということもあるかもしれませんが、多分どなたも実感されると思います。

 これは一種の食べ物による開運ですね。

 こういったものを食べることが出来る田舎の人は幸せだなと思いました。

 また、機会があれば行ってみたいです。

 山菜も取れる場所というのがあって、その場所は決して人には教えないそうです。そして人に山菜の取れる場所を聞かれてもただ、ニコニコしているだけなんだそうです。

 それも、そうですよね。宝の山なんですから。でも、誤解しないで下さい。人に場所は教えないけど、取った山菜は近所の人や親しい人にお裾分けするそうです。決して独り占めにはしない。だから、来年もまた、山の恵みにありつけるのでしょうね。

 

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ