一件落着

 地震があったりした為に、3ヶ月近く授業から遠ざかっていた五行易の生徒さんがいらっしゃいました。

 

 

 顔をみて元気そうだったので一安心。

 

 

 さっそく、一題問題を解いてもらいました。

 

 

 その間に私は生徒さんの顔を観察。

 

 

 「二十二歳の時に人生で大きな転換がありましたね」

 

 

 「はい。ありました」

 

 

 また、顔を見ていると何か像が見えてきました。

イメージは巫女さんのような感じで頭の上から周りから色々なものがついている。

 

 

生徒さんに聞くと

「こういう仏像が家にあります」と写真を見せられたのですが、見えているものとは違います。

 

 

生徒さんは伝統仏教をきちんとしたお寺さんで学んでいて、若いのに色々な事を知っています。

 

 

私「そうですか。赤い感じで、東南という方位も出ているんですが、どうでしょうか?」

 

 

 生徒さん「赤にも、東南にも覚えないです」

 

 

そう言われて、もう一度じっくりみてみました。すると、先程の頭のまわりの飾りだとおもっていたものが顔だということがわかりました。

 

 

私「顔の周りにいっぱい顔があるような像ありますか?」

 

 

生徒さん「事務所に十一面観音像があります」

 

 

さっそく、アイフォンで写真を検索。

私が見ているイメージとほとんど一緒です。

 これです。そこで、わかりました。

 

 

私「もしかして、事務所では、毎日、十一面観音像にきちんとお経等やられてませんね」

 

 

生徒さん「あ〜、ここ二〜三日忙しくて。特に今日は、ある会社に行かねばならなくて、お水かえ等何もしていません」

 

 

私「わかりました。その会社。事務所から見て東南にありますでしょ」

 

 

生徒さん「あ〜、そうです」

 

 

私「赤い色は、怒られていらっしゃるのかもしれませんよ。(笑)」

 

 

生徒さん、苦笑い。

 

 

私「更に、この十一面観音像。傾いて立っているみたいですが」

 

 

生徒さん「あ〜、台が壊れていて、傾いているんです」

 

 

私「直したほうが良さそうですよ」

 

 

それから、授業が終わって帰るとき

「先生、本当は今日これから仕事の関係で出かけないといけないんですが、一度、事務所に戻って、お供え、台等きちんと直します」と言って急いで事務所に帰っていかれました。

 

 

一件落着です。

昨日は

 昨日は中国人相の教室の日でした。

 

  「大衍の数」

  「幾」

  「太陽太陰暦」

  「七」

  「河図」

  「洛書」

  「先天八卦」

  「後天八卦」

  「迷」

  「円周率」

  「神異賦」

  「特殊な流年法の見方」

  「結婚運の高め方」

  「髪の毛」

  「化粧」

「歩き方」

「座る位置」

「結婚相手にふさわしい人」

「歯と歯ぐき」等の講義をしました。

 

 

始まったばかりなのでゆっくりと進めていきます。

 

 

  

  

紫微斗数

紫微斗数。とても謎多き占術。

 

いったいいつ成立したのか?唐末から宋代なのか。それとも清代か?はたまた?

 

 

暦は平気法なのか定気法なのか?

 

 

閏月の処理は?

 

 

命宮身宮とはいったい何を表しているのか?

 

 

何故十四主星なのか?

 

 

使用する星の数はいくつが正しいのか?

 

 

五行局とは?等色々な謎を抱えています。



紫微斗数は、伝説では、唐末の陳希夷先生が創始したと言われていまず。しかし、現代の紫微斗数を研究している台湾や香港の多くの人は違うだろうという見解です。

 

 

 老子様の言葉に「之を視れども見えざる、名づけてという。

これを聞けども聞こえざる、名づけてという。これをとらうれども得ざる、名づけてという。この三つの者は、詰を致すべからず、故に混じて一と成る」とあります。

 

 

 さあ、陳希夷先生を追いかけましょう。

思い立ったが為に

思いたったが吉日。

 

 

バッグに中文の紫微斗数の本を1冊入れ、散歩に出かけました。

 

 

途中、江戸時代末期に建てられた古民家を見てきました。

当時のまま移築したもののようです。中に入らせてもらい縁側に数分腰掛けさせてもらいました。いいですね。縁側。

 

 

 りっぱな梁のある家でした。いい作りでした。やはり、日本家屋はいいです。

 

 

 それから、しばらく、自然公園の中を歩きました。今日はお天気がいいので多くの家族が来ていて、釣りをしたり、バーベキューをやったりととても賑やかでした。

 

 

 そういう人たちを横目に私はただひたすら歩き続けました。

 

 

 本当は、どこかで紫微斗数の本でも読もうかと思って持ってきたのですが、エンジンがかかってしまいました。

 

 

 結局、全部で14キロ程歩きました。

方位実験じゃないんです。単なる散歩です。

歩き過ぎて疲れました。(笑)

 

 

 最後の残り2キロというところで、A4のノートを安く売っているお店を発見。25冊も買ってしまいました。その重さが最後にひびきました。(笑)

 

 

 さあ、お風呂に入って冷たいビールを飲むとします。

 小学生向けに書かれた漢和辞典に、「古代中国において竹は身近に多くあり、加工もしやすいことからいろいろな物が竹で作られていた」とありました。

 

 

 「ああそうか」と。それから、竹について調べてみました。

 

 

 日本にはマダケ、モウソウチク、ハチクという主な竹がある。

 古代中国から入ってきたとされるのが、マダケとハチク。

 

 

 一つの節から二つの枝が出る。

 花が咲いたら全て枯れる。花の周期は種類によって違うが60年から120年と言われている。

 

 

 面白いですね。

 

 

 その中のハチクという竹の別名は呉竹(クレタケ)という。

 黄河流域以南に分布している。

 

 

うん?「呉」と「黄河」が出てきました。

 

 

厳寒の冬であっても決して色を変えない。

不易ですね。

 

 

また、竹の構造を思い浮かべてみたら、あることに気づきました。

 

 

 竹はまっすぐに天に向かって伸びている。そして、竹を切った時の切り口は円であり、中は空っぽの空間であるということ。

空っぽということは変易であり、老子様の「無」につながっていきます。

 

 

 地理風水の立場から言えば、「玄空」に他なりません。

 

 

 

もしかすると、蓍草の前に、今の日本の筮竹のような竹を使って占いをしていたのではないか?

 

 

蓍草を使うようになったのは、実はその後なのじゃないだろうか?

 

 

竹のことを考えていたら、そんな気になってきました。

筮という漢字は竹冠ですし…。

 

 

 上古時代の新たな遺跡等が出てくるのを楽しみに待つとします。

我十有五にして学に志す

 「我十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順がう。七十にして心の欲する所に従って矩を踰えず」

 

 

 孔子様の有名な言葉です。

 

 

 易理を研究している者にとっては、とても興味深い言葉です。

 

 

 十五歳で学を志し、五十歳で天命を知る。そして、七十歳で矩を踰えずですから、学を志してから五十五年です。

 

 

 天命を知った五十は易経繋辞伝の「大衍の数」、五十五は「天地の数」と一緒です。面白いですね。

 

 

中国宋代以降、十翼は孔子様の言葉ではないと断言される人が数多くいます。

しかし、私は十翼の根幹となる部分は、孔子様の言葉だと思います。

 

 

五十五年という期間は長いですね。ようやく半分通過したくらいです。

為政者

金曜日の大地震直後から今まで、ずっと地震関連のテレビをみていますが、大自然の凄さ、冷徹さ、恐ろしさに只々呆然とするしかありません。

 

 

今回の大地震で犠牲になられた多くの方々に、謹んでお悔やみ申し上げます。そして、まだまだ何万という人々の行方が不明とのことです。多くの方々の命がこれから助かりますように、心よりお祈り申し上げます。

 

 

八運(2004年)に入ってすぐに中越地震。06年に中越沖地震。そして、今回の未曾有の大地震。私が覚えているだけでもこれだけの大地震が起きました。他の災害を入れれば、もっともっと多くなります。

 

 

あまりにも大災害が多すぎます。

 

 

古より国が乱れる時は、大災害が起きると言われています。

 

 

論語に殷の湯王の話が載っています。

 

 

「湯は言った。我はふつつかなる履(湯王の名)、ここに黒の牡牛をお供えし、はっきりと偉大なる上帝に申し上げよう。罪ある者(夏の桀王)は許しませぬ。上帝の臣下は蔽うことなく、みこころのままに選びましょう。

わが身に罪のある時は万民をわずらわしたまうな。万民に罪のある時は、罪をわが身にあらしたまえ。

 

 

続いて周の武王の話に移ります。

 

 

「周には天のたまものあり、善人の豊かなことだ。濃い親戚があっても仁の人には及ばぬ。民草にあやまちがあれば、責めはわが身の上にある」と。

 


為政者たる者はこうあらねばならないのでしょう。

一刻も早く真たる為政者が出てくることを望みます。

運命

今、書店で売られている科学雑誌「Newton 」に「運命を物理学で考える。未来は決まっているか」が特集されています。

 

 

ボールの行方も惑星の動きも,私たち各個人の運命さえもすべて
決まっていると考える「決定論」。一方,未来は決まっていないと考える「非決定論」。

 

 

箱の中にリンゴが入っていて、リンゴは箱の右側にあるのか左側にあるのか?箱を開ける前からリンゴは左右のどちらにあるかが決まっている。これがニュートン力学の決定論。

 

 

これが電子になると、箱を開けてみるまで電子が左右どちらにあるのかが決まらない。量子論の不確定性原理。非決定論。

 

 

アインシュタインは「神はサイコロを振らない」 という有名な言葉を残しました。

 

私はいつも、運命は決まっていない全て自由意志だとする人には、ニュートン力学の話を。全て決まっているという人には、量子論の不確定性原理の話をします。

 

 

ニュートン力学の説明に次のような言葉がありました。

「最初に運動が始まった時点で結果は一つに決まっている」と。

 

 

初動がいかに重要か。それで未来が決定するということになりますね。

 

 

初動。大きなポイントです。

 

 

 

 

 

 

 

漢字

日本には、言霊という言葉がありますが、それと同じ様に、中国古代に形成された漢字には、特別な意味があると老師から教わりました。私の姓名判断は、それを元に行なうのですが。その為、漢和辞典は必須です。

 

 

ただ、漢和辞典が全てではありません。

脈々と伝わる特殊な見方が存在します。

 

 

昨日もいい漢和辞典がないか、書店であれやこれやと2時間ほどみていたのですが、中々納得するものがなく買わずじまいでした。

 

 

そうやって漢和辞典を眺めているとふと気になることがあります。それは、漢字の音読みについてです。

大きくは漢音と呉音に分かれます。

 

 

辞書によれば、漢音は遣隋使や遣唐使によってもたらされた長安の都の音。呉音は、それ以前に日本に入ってきていたものということです。

呉音については、詳しくはわからないようです。

 

 

そんな事を考えていましたら、河洛語という言葉を見つけました。河洛語とは黄河と洛水の間の流域に居住していた河洛人が使用していた言葉のようです。中国上古の時代の言葉ということです。

 


また、この河洛語は、現在の台湾語と大部分が一緒との事。

(因みに今の中国大陸の人が話す言葉は北京語で台湾語とは大きく異なります。つまり、民族が違うということです)

更に、日本の音読みの呉音が、なんと、この河洛音にあたるというのです。

 

 

びっくりですね。上古の中国人の言葉が日本に残っているなんて。

 

 

台湾人(内省人)が中国大陸の人に対抗して作った話だという人もいるようです。

 

 

しかし、台湾人が言うように、呉音は上古の時代の中国の言葉ではないかと私は思います。

 

 

因みに河洛語は八声十五音四十五韻だそうです。

面白いですね。

 

 

そういえば、もう一つ呉を使う言葉が日本にありましたね。

和服を表す言葉の「呉服」です。

 

 

通説では三国志に出てくる呉の国より、着物が伝わったとあるようですが、私は更に前の中国の古代、春秋時代の呉の国の服なのではないかと。

 

 

当時の人々が着ていた服はどうだったのでしょう?

馬王堆漢墓の木偶人形が着ている服は素人目には和服と同じ様に見えたりしますが…。

 

 

春秋時代はまさに老子様や孔子様の時代です。

 

 

そう考えるとワクワクしてきます。

 

 

日本に残っている呉音。それこそ、私達日本人に残された中国上古の河洛人からの宝物かもしれません。

革はどれが正しい?

二月も残すところあとわすか。ますます、民主党が迷走を続けています。

本当に日本は大変革されないといけませんね。志士たちがそろそろ出てきてくれないと。

 

 

変革といえば、易経に沢火革という変革を表す卦があります。

 

 

この沢火革。中々一筋縄ではいきません。

 

 

いろいろな解釈があるんです。

 

 

「革。巳(まつ)る日にすなわち孚あり。元に亨り、貞に利あり。悔滅ぶ」と解釈する本。

(祀るという漢字から巳を解釈したようです)

 

 

 

「革。已(い)日にしてすなわち孚とせらる。〜」とするもの。

 

 

 

巳日として巳の方向とみるもの。

 

 

はたまた、己日とするもの。

 

 

巳日、已日、己日。三つもあります。困りますね。

 

 

もしかして、困っているのは私だけかもしれませんが(笑)

 

 

易経を真に解することは難しいですね。

 

 

ただ、奥に流れる理を考えることは楽しいです。

 

 

孚があればわかるのでしょうけど…。

 

 

暖かくなってきました。もう三月です。

 

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ