筮法

 断易を得意にしています、もしくは専門にしていますという人は、日本に沢山いると思うが、その人に聞いてみたいことがあります。

あなたの筮法はなんですか?そしてあなたは何故その筮法を使うのですか?と。

ほとんどの人は自分の先生がその筮法でやっていたから。独学の人なら本に書いてあったからと答えるのではないだろうか?

果たしてそれで本当にいいのだろうか。筮法にはどういうものがあって、それはどういう特色があるのか等は最低限知った上で何を選択すべきかということを考えなければならないのではと思う。

筮法をいくつか挙げてみよう。「大衍筮法」、「金銭卦」全筮法、中筮法、略筮法、米卦、数字卦、神蓍、四遍筮法等まだまだいろいろとある。

果たして何が最適なのだろうか。

最も一般的な「金銭卦」全筮法は中国戦国時代に鬼谷子の独創とされる。唐代の「儀礼正義・士冠礼」にも具体的な記載がみられる。また清代に下って「増刪ト易」「ト筮正宗」に詳しく完整されたやり方が記載されている。

しかし、この「金銭卦」全筮法を確率論的にみると少陽・少陰と老陽・老陰の出る確率が3倍も違う。少陽・少陰のほうが3倍も多く出るのである。これは何故だろうか?何故3倍もの差があるのか?これでは動爻がとても少なく静爻が多く出る事になる。

その一つの答えは断易が動爻を重視し、それを神機と見るからだろう。あと一つ考えられるのは、古代においては変化というもが日常生活においてそうそう起きるものでなかった。現代と違って。そういったことも考えられるのではないだろうか?そう考えると変化の多い現代において果たしてこの筮法は有効なのだろうかという疑問が残る。確率論的に3倍もの格差があることも疑問である。

もう一つ、考察してみよう。日本独特の神蓍。特に関東の断易家がよく使うものだ。6個の八面体サイコロを箱に入れて一度に卦を出すものだ。もちろん、これも確率論的には金銭卦と変わらない問題がある。それに加えて一度に卦を出すことに疑問を感じはしないだろうか?卦というものは爻の積み重ねによって出されるのが普通である。それを一度で出すのである。果たしてそこに神機はあるのだろうか?

略筮法では断易の重要な判断法である、伏吟や反吟が出てこない。三合だって取れない。(三合を無理やり取る人もいるが)

この3つだけではない全ての筮法になんらかの疑問が出てくる。上に書いたことはあくまで私の考えであり、間違っているかもしれないし、他の意見もあるだろう。そして何が一番いいのかは何ともいえない。しかし、我々断易家は自分の使用する筮法を何も考えずに使用するのではなく、考えて使用することが必要なのではないだろうか。筮法に関する考察は今後もつづけなければならない。

ただ、単純に当たればそれでいいという考えはあるのだが。

北方謙三

先々週だったか小説家の北方謙三をドキュメンタリーで特集をしていた。私は北方謙三の小説を読んだ事もなければ、本人についてもまったく興味はなかったのだが、そのテレビを見た。そのテレビによると北方はハードボイルドという日本になかったジャンルを確立し、日本の第一人者になったらしい。最近は歴史小説に挑戦し三国志、水滸伝という小説を手がけたということだ。

何よりも驚いたことは一日50枚以上の原稿を書き、月間確か500枚だったかの原稿を書き上げていることだ。プロであろうとそれだけの枚数書き上げることはいかに大変なことであるかはよくわかる。それが、処女作であればまだしも、何十か何百かわからない本を書き上げてきたのにどんどんとアイディアが出てくるところがすごい。凡人ならばとうの昔に煮詰まってしまっていただろう。

北方が書斎で机に向かい小説を書く場面がテレビに映し出されていた。小説を書く前に彼は必ずやる儀式があるという。何か?ブラシで髪をとかすことと葉巻をふかすことだ。それから、ゆっくり原稿に向かい小説を書く。書き始めたら次から次へと言葉が原稿用紙につづられていく。そして、また行き詰ったらブラシで髪をとかす。その繰り返しだ。それにしても、一旦原稿を書き始めたらそのスピードたるや本当にはやい。すらすらと万年筆が原稿用紙の上をすべっていく。さすが一流のプロといった感じだ。

北方がそれをテレビのインタビューに答えてこういっていた。「小説を書いている時は小説の神様がついていて、書かせてくれている」。詳しくは忘れたそんなことを言っていた。事実であろう。彼には小説の神様のお守りがあるのであろう。あの映像を見せられるとそう思う。

北方が小説で書きたい事それは「いかに男は死ぬべきか」ということらしい。いかに死ぬべきかということはいかに生きるべきかということだ、とも彼は語っていた。北方の絶大な人気はここにあるのではないかと思った。そして、機会があれば三国志や水滸伝を読んでみたいという気にさせられた。魅力的な人物であった。

北方さんに一点アドバイスを。書斎の机の位置はいいのですが、向きが逆ですよ。それは反背(はんぺい)といってアイディアに煮詰まる形ですよ。窓を背にしましょう。それでもあれだけ書けるのですから天才ですね。でもそれも直せばもっとはやく神がかり的になれるし、もっとどんどんアイディアが沸いてくることでしょう。

病占例 腰の怪我

プールの階段で足を滑らせ、腰を強く打って動けないくらいに痛みがあるとのこと。病院へ行かなければいけないほど悪いのか占ってほしいとの依頼。

酉月辛丑日 空亡辰・巳

訟→小畜

用神三爻に伏神する官鬼亥水。原神は五爻妻財申金。忌神は二爻子孫辰土。

痛みは一時的なものでまったく骨等に異常なし。病院へいく必要はないでしょう。10日後には良くなっていますと回答。本人は痛みが激しく本当に大丈夫か不安そうな感じ。しかし、五行易で毎回当てられているので、そのまま病院へは行かない様子でした。その後、しばらくしてから聞いたところ、言われたとおりあれから10日後に良くなったとのことでした。

 

いよいよ今日衆議院総選挙

いよいよ今日は衆議院総選挙です。皆さん、ぜひ、今日は投票に行きましょう。日本は今、未曾有の危機に瀕しています。郵政民営化だけが、争点ではありません。

風水の観点から、そういえるのです。いずれ、その点もお話しましょう。

今日は子平八字の面から小泉首相の運勢をみてみましょう。普通、子平八字は生年月日時から、その人の一生の運勢をみていくものですが、残念ながら小泉首相の生まれた時間はわかりません。本来は生まれた時間がわからない場合は、子平八字は成り立たないのですが、あえて精度を落としても小泉首相の運勢をみてみましょう。

生年月日は1942年1月8日です。命式に直すと以下のようになります。

日 月 年     大運  年運
辛 辛 辛     甲午  乙酉

酉 丑 巳

 

年月日の天干に辛金が並び、地支は巳酉丑の三合金局しています。生時がわからないので、どちらにも転ぶ可能性があるのですが、これだけ、五行の金が多く、首相まで登りつめたことを考えれば、従旺格と言えるのではないでしょうか?そう考えると来年の2月までは、なんとか運勢的にもつことになります。

このことから、選挙は自民党の勝利が見えてきます。

果たして、今日の結果はどうなりますでしょうか?

私も楽しみです。子平八字の亜流の見方で結果が当たるのかどうか、正統派の皆さんからは批判されそうですが。

 

それはさておき、日本は今、大転換期いきているのです。本当に日本を心より愛する政治家に1票を入れて、この日本を変えていきましょう。         

優秀なデザイナーその2

デザイナーの彼が引越ししてから数年後、襲った不幸とは、なんと円形脱毛症だったのです。日に日にバッサバッサと抜けていく髪の毛に彼はもうこのまま、スキンヘッドにしてしまおうかと思ったくらい悩んだようでした。なった人にしかわからない恐怖感ですね。髪の毛が全部なくなるという。そして彼の奥さんは二人目の子供を妊娠中で、突然体調が悪くなり、漢方医に通っていました。

あの家で何も特別何か異変がない限り、そんなことは起こらないはずなのですが、依頼を受けた私はさっそく、今のこの時期を風水で計算して何が問題なのかを探りました。

すると、どうやら家の西側に枯れ木があり、また道路工事が行なわれているように感じられました。さっそく電話で尋ねると家の西側に背の高い観葉植物が枯れてそのままにしてあること。西側で工事をしているということでした。

さっそく、枯れた観葉植物は捨ててもらい、寝方を東向きから南向きに変えてもらいました。

それから半月ほど後ぐらいから、彼の円形脱毛症はだんだんとよくなっていき、数ヵ月後には元のふさふさの髪に戻ったのでした。奥さんの体調もよくなりました。

風水の調整が成功しました。このように何か良くないことが起きたら原因は何なのか突き止め調整を行なうのが本当の風水なのです。

因みにブログに載せている実際例は、私が本人に許可をもらって載せているものです。勝手に載せる事はありませんので、皆さんご安心を。

優秀なデザイナーその1

五上竜尋のロゴマークの「竜」。これは私がデザインしたものでは、ありません。ある人に御願いしてつくってもらったものです。どうですか、伝説の生き物、龍が勢い良く描かれていて、とても気にいっています。

彼のデザインは海外でも数多くの賞をもらうほどなのです。皆さんも何かデザインしてほしいものがありましたら、私に連絡下さい。

そんな彼が、今から5〜6年前引越しをするということで、風水で家を鑑定しました。しかし、彼が持ってくる家は悪い家ばかりで、探すのに数ヶ月かかりやっとこれならばという物件が見つかりました。

引越しをして、子宝に恵まれ、出世もし、幸せな日々を送っていた彼に私も良かったと心から喜びました。私たち人間にとって住まいというのはとても重要です。家が良ければ、その一家の運もあがるし、悪ければその一家の運は衰退していくのです。家がすべてを左右するといっても過言ではありません。

今でいうデザイナーズマンションで風水的に良さそうだなというものをテレビや雑誌の写真から見た記憶がありません。外観や内のデザインの美しさや華やかさにだまされてはいけません。皆さんも賃貸は引越しをしようと思えばすぐ出来ますのでいいですが、家を買われる際は細心の注意を払って下さい。どういう点に気をつけたらいいかは追々話をしていきましょう。因みに今メジャーリーグにいるヤンキースの松井は、日本にいた当時さすがに風水的に発展するいいマンションに住んでいましたね。

そのデザイナーの彼の一家が引っ越してから数年して、突然のある不幸が襲ったのです。続く。

株占

1ヶ月ちょっと前、知人にどうしても株を来週売っていいかどうか、観てほしいと頼まれ、五行易で占った。

未月癸丑日 空亡寅・卯

頤→同人

結論、来週になったら、株価は急騰するが、すぐに落ちてくるので、来週になったらすぐに売るべし。但し、必要な分だけ売る事。長期的にはまだ、全部売ってはいけないとアドバイス。

先週、お礼の電話が入った。あのアドバイスどおり、株価が急騰し、今までで一番の高値で売れたとのこと。それ以降は、株価は下がり続けているらしい。必要な分だけ、売ったとのこと。

長期的にはいずれ、もっと上がるだろうから賢明な策といえますね。

お墓の話2

夏にふさわしく、お墓の話パート2です。

ある人から最近、いろいろな悪いことが起こっているんですが、占ってほしいと依頼がありました。

漢易で占ってみると確かにゴタゴタした卦が出ています。身体では腰の痛みと骨折と出ていました。聞いてみると義母が先月、交通事故で骨折したとのこと。

どうも、卦から墓が原因のようです。一度、墓を見に行って写真を撮って下さいといいました。また、この一族は先祖供養をまったくやっていないと出ていました。それがこのゴタゴタの原因です。その通りで、自分たちは分家で仏壇はない。本家にはあるが、供養はしていないということでした。

後日、墓に行ってきましたとファックスが入りました。写真と言ったのに墓の周りの絵が描いてありました。とても上手でしたが(笑い)

その墓の前には大きな木が3本。なんとそして、すぐ左斜め前には、お寺の鐘がありました。「ボーン、ボーン、ボーン」と。

骨折はこれが原因ですね。依頼者には、きちんと先祖供養するようにと伝えました。

風水は本来はきちんと現場に行って見なければ、正確な鑑定はできません。あくまで、それが出来ない時に、仮のものとして図面や写真を使って鑑定するのです。

しかし、龍穴を探しだすのは、写真では出来ませんし、地図でも出来ません。実際に山に足を運ばなければ。

お墓の話

皆様、久しぶりです。久々の更新です。

最近、良くないことが続いていておかしいなと思い、漢易で占してみました。

どうも家の墓に何か起きているようです。(もともと風水上、家の墓はよくありませんが)家の墓の中を連絡をしてみてもらいました。すると、頭蓋骨がなぜか裏返し。そしてそのの間から3本のつくしが生え、くもの巣がはっていたとのことでした。頭蓋骨を表にし、つくしやくもの巣を取ったと連絡が入りました。

これで一安心と思いきやどうもこの1ヶ月落ち着きません。もう一度墓を見てほしいと連絡しました。

するとこんどはスズメバチが墓に開いた小さな穴から入り巣を二つも作っていたとの事。直径は20センチあったそうです。その巣を取り払い墓の穴を修正したとのこと。これで、しばらくあった、不運も落ち着くでしょう。皆さんも一度、お墓を点検してみてはどうでしょう?

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ