西岡利晃選手

10月2日日曜日は、日本のボクシング史上歴史的な日でした。


 西岡利晃選手がボクシングの聖地ラスベガスMGMグランドで元2階級王者のラファエル・マルケスを破り見事V7を達成しました。

 

 

ラスベガスというリングは世界王者であれば誰でも立てるわけではなく、世界的な実力と人気がなければ立てない場所。

 

 

その場所で、メインを張り、世界的な実力者を破ったことはまさに日本ボクシング史上初めての快挙でした。



ゲストの俳優香川照之さんが泣いていましたね。私も涙。

 


 西岡選手は、2000年24歳になる直前に初の世界戦に挑みます。相手は辰吉丈一郎選手を二度に渡りKOしたWBC世界バンタム王者のウィラポン選手。結果は判定負け。

 

 

ここから、ウィラポン選手と実に四度の世界戦を戦います。最後の戦が2004年。西岡選手27歳、ウィラポン選手35歳の時でした。結果はまたも判定負け。


 ウィラポン選手には四戦して一度も勝てず、世界の檜舞台から消えます。大きな挫折です。

 

 

その後、階級を上げ、一からの出直しです。

四年間チャンスが来るのをじっと待ちます。海外で試合をするなど地道に実力を蓄えていきます。この間、8連勝。

 


 2008年。天才と言われた男が八年目にしてようやく世界チャンピオンになります。32歳の時です。

 

 

そして、35歳になった今年、快挙を達成します。大きな挫折をした2004年のウィラポン選手と最後の世界戦。その時のウィラポン選手の年齢がちょうど35歳。因縁を感じますね。

 

 

四度の世界挑戦失敗という大きな挫折、怪我。そこからの大飛躍。これを想像できた人はいないでしょう。

 

 

24歳直前の最初の世界戦。もし、あの時に世界チャンピオンになっていたら(それだけの実力はあった)、何回か防衛を続け、負けたら引退をしていたのではないかと思います。

 

 

35歳になる今日までボクシングという過酷なスポーツをやり続けることはなかったでしょう。四度負けたからこそ、続けられた。そして35歳まで続けられたからこそ、ラスベガスで目の肥えたアメリカ人を楽しませる世界に名だたる強いチャンピオンになれたのだと思います。

 

 

おめでとう西岡選手。

 

 

人生は本当にどうなるかわからない。

 

 

 

 

陳希夷先生

 紫微斗数は、唐末から宋代にかけて活躍された陳希夷先生が創始したと知ったのが30年前。

 

 

 それから、「紫微斗数全集」や「紫微斗数全書」という二大原典や台湾等の原書を読むようになり、色々な技法を学び、面白みが増していきました。

 

 

 

 「紫微斗数は当たる」

 

 

ただ、だんだんと希夷先生が創始したものではなく、後の道士が作ったものであろうと思うようになっていきました。


 歴史的背景。そして何よりも、先天六十四卦方円図をもたらした希夷先生というものを二大原典や中文書等から感じることが出来ず、

また台湾等の研究熱心な方々の話からも、そう思っていました。

 つい、最近までは。

 

 

 ところが、最近、希夷先生の後ろ姿を感じ始めたのです。



 希夷先生が確かに関わっていた。今は、そう思います。



 果たして、今後振り向いてもらえるのかどうか。振り向いてもらったら、他の人だったりして(笑)

 

 

 「希夷仰観天上星、作為斗数推人命」

子夏易伝

 

「地蔵水而澤。水得地而安」

 

 

「地得水而柔。水得地而流」

 

 

二つとも水地比について述べられたものです。

 

 

上が現在見ることが出来る子夏易伝。下が散逸してしまった子夏易伝。但し、唐代の本の中に垣間見ることは出来ます。

 

 

子夏先生は孔子様の十哲の中の一人です。孔子様には三千人の弟子がいましたから、その中のトップ十人ですから凄いなんてもんじゃないですね。

 

 

その子夏先生が易経を解説したとされるものが子夏易伝。

もし、本当なら孔子様の易に直結するわけですから。これは本当に凄い話です。

 

 

唐代に存在したものが真本だったのかどうか?

まあ、恐らく違うでしょう。でも、それでもいいのです。

 

 

ある方々に大きな影響を与えたとされる「子夏易伝」。

 

 

日本のどこかに遣唐使と共に渡ってきて眠っていませんでしょうか?

 

 

全文一度読んでみたいものです。ご縁があれば…。

 

 

「その拇に咸す。志外に在る成り」

五行易授業

 昨日は、五行易の授業でした。

 

 

 もうそろそろ、初級を終え中級になる段階で、五行易と河図洛書の理の関係について少しだけ話をしました。

 

 

 本格的な話は上級に言ってからまた行ないますが、生徒さんはとても興味深かったようです。

 

 

 授業後は、生徒さんたちと暑気払いをしました。

  久々のビールおしかったですね。

 

 

 1ヶ月前の授業の時、一人の生徒さんに開運の為に三つのやるべき方法を教えました。そのうちの一つをやってきました。

 あと、二つはまだですが、歩を一歩進めました。小さな一歩ですが、後には大きなうねりとなるでしょう。

 

 

人相には、すでに兆しが現れ始めています。来月、会うのが楽しみです。

 


別の生徒さんは、1ヶ月半くらい前に、家の風水の改善を指導しました。その成果が表れました。こちらも良かったです。

来月は勝負の月なのでとても楽しみです。

 

 

 五行易といえば、昨日から、私は反吟状態。皇極経世の古典の中に書いてある文を探しているのですが、全然見つからす、何度も表紙から裏表紙。裏表紙から表表紙と読み返したことか。

う〜ん。あるはずなのに見つからない。字がつぶれていたり

すれていたりで読みにくいし。



 ハリーポッターの杖が欲しい〜。呪文をいってそのページを開かせる(笑)

 ハリーポッターの死の秘法Part1をレンタルしてきてみました。

死の秘法の話。運命のポイントをついていて面白かったです。

下を映画観に見に行こうかな。

思いがけず

 昨日、書店に行くと中学生や小学生の夏休みの課題図書や推薦図書といったものがずらりと並んでいました。

 

 

 日本人選手が大リーグに行くきっかけとなった野茂英雄選手の実話や子ども向けの小説まで様々でした。

 

 

 夏休みの読書といえば、中学3年生の時、課題図書の一つであった「福翁自伝」が印象に残ります。福沢諭吉さんの自伝です。夏休みいっぱいかけて読み上げたのを覚えています。

 

 

 あの本がきっかけで本嫌いから本好きに変わりました。

 そして、今、香港から早く本が届かないかと首を長くして待っているのですが、来ないです。占いますかね。(笑)

 

 

 さて、図書という漢字を辞書で引くと

 「書物」「書物と地図」「河図と洛書の略」等出てきます。

 

 

 図書の元々の語源は、河図洛書でしょうね。おそらく。

 

 

 瑞兆の証である河図洛書を求めて、今年の夏休みは山に川に田んぼに行かなきゃ。(笑)

 

 

 と書いている最中に、突然、洛書の壁に大きな穴があきました。

 

 

 十数年前に老師が言われていたことは、実に正しかった。

 厳密には老師は洛書について語られたわけではないのですが…。

 

 

 祖師の著作に記述がないか探してみます。といっても、暗喩で一言二言わけのわからん形で書いてあると思うので、それを探し出すことは、ちょっとやっかいですが。

 

 

 ただ、必ずどこかにあるハズ。

 

 

 楽しくなってきました。

 

黄金策

「黄金策」

 

 

 劉伯温先生によって書かれたとされる断易の重要経典です。

 

 

 私の持っている資料によると刊行が1338年になっていますから、劉伯温先生27歳の時のものです。

 

 

 元々は、河図洛書が載っていたようですが、今あるものの中に、それを見ることはありません。

 

 

 断易の本で河図洛書が載っている本は皆無でしょう。

 

 

 さすが、劉伯温先生。この本の別名は「易理天機」。

 

 

 時代が下って、清代に二つの断易の重要経典が出てきます。

 

 

 黄金策を根本に抱く「増刪卜易」と「卜筮正宗」。

 

 

 

特に「増刪卜易」は、黄金策を発展させ、独自の理を展開していきます。

 

 

現代断易は、ひとまずここで完成をみるわけです。

 

 

しかし、その過程で大きなものを失くしたのも事実です。

 

 

五上流中国古代五行易の中級は、「増刪卜易」の理を残しながら、劉伯温先生に戻ります。

「増刪卜易」と「卜筮正宗」が解き明かすことのなかった黄金策の秘を明かしていきます。

 

 

中級の皆さん、お楽しみに。

 

太極

 「太極」

 

 

 中国占術を勉強している人であれば、誰でもが知っている言葉です。

 

 

 しかし、各占術により、その考え方は異なります。

 

 

 地理風水、奇門遁甲、九星気学、紫微斗数等それぞれによって。

 

 

 では、根本的に「太極」とはいったいなんでしょう?

 

 

 今から2500年前。

 

 

 孔子様が言われてから、今まで一度も改変されることなく、また途絶えることなく、脈々と今世まで伝わってきた。

 

 

 それが「太極」という言葉なのです。

素晴らしかった

 ここ二週間程仕事以外は、数学・物理・天文等の勉強をしているのですが、長い時間勉強していると慣れていない分野のせいか頭がボーっとしてくる毎日です。(笑)

 

 

そうやっていると運命とは面白いもので、色々なことが動き始めます。

 

 

友人から電話があり、突然、音楽と図形の関係の話をされたり、たまたま買った数学系の本の編集を友人がやっていたりと。

また、そこから、色々と広がりを見せていきます。

 

 

さて、慣れない勉強で疲れている私にとって、今朝のなでしこジャパンの快挙は、気分爽快へと変えてくれました。

 

 

テレビを見始めたのは朝五時半ごろ。

 

 

後半35分。宮間選手がちょうど同点ゴールを入れた時からです。

 

 

その後、延長戦に突入。前半14分にワンバック選手に1点を入れられ、先行されてしまいます。

 

 

しかし、なでしこを見ていて、今日は負ける気が全然しませんでした。勝つなと。

 

 

その後、後半12分に澤選手が思った通り、素晴らしい同点シュート。

 

PK決着となります。

 

 

アメリカ選手1番目顔見て外す。二番目顔見て外す。三番目顔見て外す。

結果は予想通りでした。

 

 

朝、早くて五行易で占うことを忘れていましたが、今日は人相のとてもいい研究になりました。

 

 

なでしこジャパン。本当に素晴らしかったです。

 

 

次は、世界水泳だな。

背が伸びる

 最近、街を歩いているとふと気づくことがあります。

 

 

 街の景色が変わっているのです。

 

 

 街自体は何も変わっていないのに。

 

 

 変わって見える景色。

 

 

 どうやら、背が伸びたようです。

 

 

 実際は、姿勢が良くなったんでしょうね。

 

 

 視線が明らかに高い位置になっています。それにより、以前より広く全体を見渡せるようになったのです。

 

 

 私のお知り合いの方々。様々な分野の方々がいらっしゃいますが、皆さん、何故かちょうど今、人生を大きく変化する時期にきているようです。

 

 

私も、人生が大きく変化する時がきているようです。

 

 

じっと手を見る。

 

 

山には青々とした木々が生え、たっぷり水が流れている。

五常

 雑誌に経済界の人が中国に訪れた時の話が載っていました。

 

 

その際、中国政府の中枢にいた元官僚の人が「我々は、もっと日本に学ばなければいけません。「論語」と「武士道」を学ばなければいけません」と言っていたそうです。

 

 

孔子様の教えである「論語」を長い間研究し、実践し続けてきた民族は日本人だけです。

 

 

今回の東日本大震災での世界各国が賞賛した日本人の礼儀正しさの根幹は正に先人方が守り通してきた「論語」の教えであるわけです。

 

 

高い精神性を有した武士達が学んだのも「論語」でした。

 

 

中国のトップにいるエリートが「論語」と「武士道」を学ばないといけないと言い出したことは、とても驚くべきことです。

中国は大きく変わろうとしています。当然、時間はう〜んとかかるでしょうが、第一歩を踏み出そうとしています。

 

 

片や日本はどうでしょうか?

 

 

今の首相、及び政府、与党、野党を見ていると暗澹たるものがあります。

 

 

再生エネルギーの前に、被災地の復興、そして日本の教育の再生ではないでしょうか?日本こそ、「論語」と「武士道」を学びなおす時ではないでしょうか?

 

 

知り合いの方が来週、スイミングスクールをオープンさせます。

スイミングの技術と共に人として大切な「五常の」を養うような指導をされていくようです。徳ではありませんよ。(笑)

 

 

将来、このスイミングスクールから、素晴らしい金メダリストが出てくることを期待しています。

 

 

お知らせ

東洋占星術 個人教授のお知らせ



「断易」「八字」「紫微」等の各種占術の個人教授をします。
個人教授ですので曜日や時間、1ヶ月に1回、2ヶ月に1回というように学ぶペースを自由に決めることができるのがいいところです。自分や家族の日常に占術を生かしたい、よりよい人生を送ってみたいなど、興味を持たれた方はお問い合わせ下さい。場所は神奈川県、新潟県で行っております。[断易]に関しては通信講座もございます。詳細をご連絡致します。

お問い合わせ、相談はこちらから。
Profile
五上竜尋
風水、断易、八字、紫微等を修める。風水は本場香港、台湾で学ぶ。そこで風水が日常にとけ込み生活に活用されている姿を目にする。また日本では、占術に対する誤解がまだ多いとも痛感。真の占術を浸透させる一助を担えればと考えている。
Message
占い相談

周易、断易、八字、紫微、風水等、占い全般に関する疑問に無料でお答えします。お気軽にどうぞ。

住まい、恋愛、名前など、占い鑑定も受け付けています。料金はメールで確認ください。
Comments
  • ライブドアブログ